FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月06日 (火) | Edit |
婚活パーティは大抵初めは各3分程度で全員の異性とお話をします。そして、全員と話し終わったらそのときに印象が良いなって思った方を何かしらカードに記入してスタッフに渡します。その後、フリータイムといって気に入った異性と5分から10分くらい話す時間が設けられます。そして最後にカップルになりたい方の番号をカードに記入して結果発表を待つわけです。

今回は、初めの各3分間程度でどんなことが話せるのかを分析・対策してみたいと思います


この3分間、流れはまず挨拶した後にプロフィールカードと呼ばれる物を交換しますこれは名前や年齢、住んでる場所、特技や趣味、男性なら年収、女性なら得意な家事とかを記載するものです。この情報を元に話を膨らませていくんですね。でも結構難しいんです。

どこが難しいかというと、接点が無かったり無難なことしか書いてなかったらなかなかトークを膨らませられない。。。たとえば趣味にジョギング、特技に書道といったようにありきたりな単語を一つだけ書かれている場合、3分間という短い中で焦ってる人間が上手いトークができるかと言ったら難しいんです。

ただ、住んでる場所や趣味が同じだったりすると、そこで話を上手く膨らませられますね。「私もこの駅使ってますよ!」とか「この駅の近くにある居酒屋が美味しいんですよ~」っていう地元トークや、「私も食べ歩きしますよ!」とか「料理は調理器具からこだわってます!」などなど、共通点で攻めるっていうのが3分間でできる一番効果的なことかもしれないですね。


もし、全く共通点が無い場合どうすればよいか・・・ その場合はあらかじめ質問を複数パターン用意しておけばいいと思うんです。質問のパターンを3つ。具体的には、「1.どこに住んでるんですか → 何線? → 職場から遠い?・・・」という住所トーク「2.得意料理などのデータから、どんな料理好きなんですか? → 良いお店知ってますよ! or 良いお店あるんですか? or 料理するんですか? → 行きたいですね! or 作り方教えて欲しい!」という料理トーク「3.この趣味って何ですか? どこでやるんですか?・・・」という趣味トークなどなど。

こういった何気ない世間話をしていく中で、雰囲気やそれ面白そう! というポイントが多少は見つかると思うので、そこから話を膨らませていければいいなって思うんです。


実際にこの前参加した婚活パーティでは、始めの3分間では全く話すことが思いつかず間を持たせるのに四苦八苦した女性がいたんですが、フリータイムでお話ししたら、ある会話の中の何気ない一言から話が膨らみ、今度行こうよ!という雰囲気にまで盛り上がりました

カップルにはなりませんでしたが、連絡先は交換できたので今度遊びにでも誘おっかなと思ってます。


ただ、戦略的にパーティ内を動くには「選択と集中」「断捨離」戦略が一番いいかもしれないですね。それはまた次のお話。。。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。