--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月19日 (月) | Edit |
先週の週末はなんか色々と疲れまして。ヱヴァQを観てぽかーんとなったり、カップリングパーティでうぅぅ;;となったりいろいろありすぎましたよ。

というわけで、今回はヱヴァQのネタバレを・・・というのは冗談で、カップリングパーティの反省と今後のやり方について考えてみたいと思います。昨日もちょこっと反省点を書きましたが、1日経って冷静になった頭で考えた方がいいのでつらつら書いていきます。


【反省点・改善点】

1.高望み

これについては、別に良いかなって思ってます。昨日はそもそも経験が少ないんだから、フィーリング的にカップルになれそうな人とカップルになってみるのがいいかも、と書きました。でも、自分自身納得できない関係ってどうなんだろ? と思うわけで。これまでいろいろと経験してきましたが、そういう気分に自分がなっていたときはそもそも長続きしなかったので、自分の性格上本当に良いなって思える人とやっぱり出会いたいですよね。

そんなわけで、高望み、と書きましたが、本当に良いなって思える人に出会うという目的が最も大事だと思うので、これまでのスタンスを変えずに動きたいと思います。



2.メモ

ご存じかと思いますが、カップリングパーティってのはまず始めに参加者の異性全員と3分程度会話して回るんです。そしてそのときの印象や相手の趣味等々をメモするんです。このメモの取り方が難しい

先週末に参加した時は、途中からワケが分からなくなって番号と女性と印象等がバラバラになってしまい、結局よく分からないまま終わってしまいました。これじゃぁダメですよね。。。しかも男性は席を移動するので、余計にメモをする時間が無い・・・

で、たまたま男性のみなさんと話す機会があったんですが、そのときにメモを見せてもらったらものすごく機能的に書いている方がたくさんいらっしゃいました。番号と名前、年齢から印象、さらには順位までつけているメモを見て驚愕しましたよ。仕事できるなって思いましたね。

前にブログでも書いたんですが、やっぱり会話だけに集中するんじゃなく、会話をしている時に色々とメモを取る方がいいですね。あとは選択。この人は違うな、と思った方は番号のみ書き込み、他は一切メモを取らない。これくらい余裕をもって参加する方が良いなって思いました。

前もこんなことを書きましたが、実践できるかといえばできないんですよね・・・ 今週末にも参加する予定なので、そのときはこれまでみたいにあせらず余裕を持って参加したいと思います



3.ハイテンション

これは先週末参加した帰り道にふと思い出し反省したんですよね。やっぱり楽しいのでテンションが上がってしまい、話を聞く姿勢を取る以上に色々と自分ばかり話してました。でも、話すよりも良い質問を投げかけてたくさん話してもらうってのが良いのかなって思うんです。

あとは、周りの参加者の男性を見ていると落ち着いた雰囲気の方が多かったですね。だからこそ、年齢相応の落ち着きをもった印象を多少なりとも出していかないとなぁって感じてます。見た目と年齢が一致しないとよく言われるので、なおさら意識しないと。


まとめると、

1.妥協はしない
2.落ち着いて動く
3.余裕を持った雰囲気を醸し出す


というところでしょうか。


次回参加は今週末。今度こそカップルになってやる!!!(熱望)


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


スポンサーサイト
テーマ:婚活
ジャンル:恋愛
2012年10月29日 (月) | Edit |
というわけで、前回参加した婚活パーティにてカップルになれなかった理由を検証してみました。


正直な話、カップル成立するって本気で思ってました。その理由は2点。


まず1点目はフリータイムで話しかけてくれたから。女性からお目当ての男性に話しかけに行き、そこで10分程度会話するっていうセクションがパーティの中盤くらいにありました。そこで指名され、最後のフリータイムでも2人で話すことができました。3分や10分といった短い時間しか話す機会が無い中で積極的に話しかけてくれたんで行けるかなって思ってしまえたんですね。

次に2点目は趣味や仕事、境遇がすごい似ていて話が盛り上がったところです。同じ映画やアニメが好きだったり、出身地が同じだったり、職種が同じだったりと共通点がたくさんありました。さらに好きなものまで一緒だったのですごい親近感が湧いたんですよね。


そんなこんなで、この女性を第1希望にしてカードを提出したんですが結果は選ばれず。


で、いろいろと約3時間のパーティを思い返しつつ、どこが良くてどこが悪かったのかを検証してみました。


まずはトーク内容。しゃべりすぎたかなって感じました。いつもなら結構聞き手に回る傾向がある私なんですが、とにかく間を持たせたい、自分のことを話したい、と思うがあまり若干自分から話しすぎたところがダメだったのかなって思いました。

また、踏み込んだトークをしすぎたのも悪かったと思います。転職を考えていることや結婚願望はまだあまり無いって話をしたせいで、ちがうな、と判断されたのかもしれません。


他の側面から考えると、始めの3分間のトークタイムで結構いいなって思った女性とフリータイムで全く話せず、選ばれることもないだろうなとマッチングカードに番号を書かなかったこと、というのもあるかもしれません。

別にカップル成立したからといって付き合わなければいけない、また結婚をしなければならないってことは無いわけです。だからこそ、印象がいいなって思えてさらに話も合う人だったら、カップル成立に向けて行動し一緒に食事や飲みに行ったりしてそこで判断すべきかもしれませんね。もっと軽く考えないと!


というわけで、ダメだったなって思うポイントをまとめます。


1.焦って自分から話しすぎた
2.婚活パーティってのを重く考えすぎていた



というところでしょうか。

次回参加する際は、話を聞く姿勢を忘れず、さらにきっかけを作れればいいって軽く考えて参加するようにします。

あくまで婚活パーティはきっかけ作り。いきなり結婚、ではなく飲み仲間、彼女とステップアップしていく入口的なものだと思います。そんな入口を提供してくれるサービスってスゴイなって思っています。だからこそ、上手に使っていかなければならないですね!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。